前へ
次へ

日本自慢の健康食の和定食で栄養の整った食事を

健やかな心身を作るためにも維持のためにも、バランスの良い健康食の食事を欠かすことができません。
嗜好品だけをお腹いっぱい食べていても、十分すぎるカロリー摂取にはなりますが、肝心の栄養が偏る可能性が出てきます。
バランスの良い健康食を食べるのが理想であり、主食に副菜に主菜、汁物などの組み合わせがベストです。
主食はごはんものに穀類を用意して、主菜にはたんぱく質を豊富に含む、魚や肉に大豆や卵類などのおかずを用意します。
低カロリーでビタミンなども豊富な野菜、ミネラル満点の海藻にきのこ類で副菜を準備して、汁物もあれば最高です。
和食をメインにすると、カロリーを大幅に控えることができますし、自然と栄養のバランスも整います。
気を付けたいのは和食を作る時に、過度な調味料を使うケースです。
野菜たっぷりの煮ものであっても、砂糖を大量にいれては健康に良いとは言えません。
化学調味料に関しても同様であり、使いすぎて塩分過剰とならぬよう、せっかくの和食は素材本来の味わいを活かすことです。

Page Top